コンサート情報(大学主催)

ユハ・コスキネンの音楽 Music of Juha T. Koskinen

(まもなく開催)

Music of Juha T. Koskinen

2016年1月より本学の客員教授として教鞭を執る、作曲家ユハ・コスキネン氏(プロフィールはこちら)の作品をフィーチャーしたコンサートを開催します。演奏にあたっては、ヨーロッパを中心に活躍されている弦楽器奏者の方々をお招きします。
なお、前日の18時より、同会場にて公開リハーサルが行われます。

◇ゲストプロフィール

リンネア・フルッティア(第一ヴァイオリン)
 トゥルク音楽院、シベリウスアカデミー、ソフィア王妃アカデミー(マドリッド)、ハノーファー音大で研鑽を積み、現在ラッペーンランタ交響楽団首席奏者。
 幼少からフィンランド国内の数々のオーケストラとソリストとして共演。室内楽奏者としても多くのフェスティバルに客演している。
 2008年、H.エッラーヴァイオリンコンクール第一位、併せてパガニーニのカプリスの最優秀演奏賞受賞。

シルヴィア・フルッティア(第二ヴァイオリン)
 トゥルク音楽院、ヴィーン音楽大学、リスト音楽院などで研鑽を積み、現在デトモルト音楽大学に在学中。室内楽奏者、ソリストとしてヨーロッパ各地で活躍する。シーギュンシンフォニエッタ、デトモルト室内オーケストラ、ケルン室内オーケストラなどで、首席奏者、コンサートマスターを勤める。
 これまでに、パーヴェル・ヴェルニコフ、イリア・グルーベルト、レジス・パスキエなどのマスタークラスに参加し、ヴィーンフィルのアカデミーとして、アッターゼー音楽祭、ザルツブルグ音楽祭などに出演。ヴァイオリンをアライク・レスヤン、ヴィルモス・サバディ、トーマス・クリスチャンらに師事。

江頭 摩耶(ヴィオラ)
 名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て愛知県立芸術大学音楽学部を卒業。桑原賞、中村桃子賞を受賞。2008年にフィンランド国立シベリウスアカデミーを最優秀の成績で卒業。これまでに、クオピオ市交響楽団首席奏者、ラハティ市交響楽団第二ヴァイオリン奏者、シベリウスアカデミー非常勤講師(以上フィンランド)、ポルト・カサダムジカ交響楽団(ポルトガル)第二コンサートマスター、愛知県立芸術大学非常勤講師などを務める。ゲストコンサートマスターとしてヨーエンスー市交響楽団、オウル市交響楽団(以上フィンランド)、ノールランドオペラ(スウェーデン)などに客演。2014年には名古屋でソロリサイタルを行い、「音楽の友」にて高評を得る。2015年にはソリストとしてモザンビーク、マプト国際音楽祭に客演し、好評を博す。ヴィオラ奏者としても現代音楽アンサンブル「音楽クラコ座」に参加するなど精力的に活動している。

野村 友紀(チェロ)
 愛知県立瑞陵高校卒業後、京都市立芸術大学音楽科に入学。卒業後渡独、州立カールスルーエ音楽大学に入学。Diplom取得後、室内楽コースにて国家演奏家資格を得て、2013年帰国。在独中は州立カールスルーエ歌劇場、国立マンハイム歌劇場に籍を置き、室内楽奏者としても活動。現在名古屋市立菊里高校学校音楽科、愛知県立芸術大学音楽科非常勤講師。

2016
デュオ ミアコ・クライン&サヴァ・ストイアノフ
リコーダー・トランペットレクチャー&コンサート
電気生's (でんきなまず) 〜電気の活き造りを、味わう夕べ〜
アレック・カリス ピアノリサイタル
第733回 作曲専攻学内演奏会
ユハ・コスキネンの音楽 Music of Juha T. Koskinen
電子音楽スタジオスペシャルコンサート